ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の闘病中であります。

自宅に帰って

今日はほとんど布団で横になっていました


病院とは違い

人の出入りはないし

妻はどういう状況であろうと

最高のタイミングにオレに声をかけてくれるし

とってもおいしい食事を提供してくれます



いまさらながら

辟易するほどの毎日のオリンピックの報道


それを差し引いても、羽生選手も金メダルは

すごいなと思わせてくれました


それ以上にすごいと思うのは

各選手が、いろんな番組にでて

同じような質問を何度も何度も聞かれ

いやな顔をせず答える姿



今回の治療の入院の際に

先生や看護師さんの同じような質問が

一番ストレスが溜まるので

毎日のバイタルや体調は

ちゃんと時間単位でメモしているので、

そっちを見たうえで

聞きたいことがあれば聞いてくれという

なんとも横着な自分とは大違いです(汗)



ただ、住んでる世界も

やっていることも

全く異なる境遇ですが

ああいう頑張っている姿をみると

自分も何かしなければと思うわけです


そろそろ何か始めないとね、自分...

帰る場所があるというのは

約一カ月ぶりに帰宅しました


帰宅前に一応、会社に報告がてら

挨拶に行きましたが

主だった人たちは誰もおらず

昼ごろ帰宅


妻は毎日オレの病室に来てくれたあと

オレが過ごしやすくいれるように

二人の寝室を綺麗に片付けしてくれており

いつもながらの落ち着いた空間を

提供してくれていました


昼食も夕食も

妻の美味しい手料理をいただき

更に帰宅感が上昇


本当にすごい妻です


入院中に具合が悪かったのは

たいてい夜中だったので

オレが寝つくまで

かなり神経質になってたかも


ノドが痛いなか

極力オレにストレスを与えないようにする配慮は

ほかの誰にもできないことでしょう


来週から金曜日までは

治療もなく

だからこそ用心に用心を重ねてくれています


いろいろとありがとう


でも、オレの病院の行き来がなくなったんだから

どうかこれからは自分の体調を優先にして

おうちでゆっくりすごして欲しいよ

そんな人ではない

家族最優先のあなたではあるけれど…

今の状況④

本日退院です


でも、数日前から

妻は声帯から血が出ているらしく

ほとんどしゃべれません…


喋らないのが

一番の治療らしいです


オレと出会って

妻は、どんどんカラダを壊していってます


なのにオレときたら

相変わらず感情に任せて

いろんな心ないことを妻に言ってしまいます


どうしたらいいんだろう…


オレはたくさんことしてもらってるのに

何もしてあげることがない…


しかも、それを全くコトバと行動で

示せていないことが情けない…


あまりに無力…





早く妻の声が聞きたい…