ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発治療をしております。

長女の旅立ち

今日、長女が就職先がある福岡に

旅立ちました


こんな体調のオレは家でお留守番

妻と娘ふたりがさっき出発して

一泊して帰ってくるそうです


はじめての一人暮らしです


大学から結婚するまで

転勤族で一人暮らしを20年くらいしたオレは

女の子ということで不安ですが

人間的なチカラを付けるには

知らない土地での一人暮らしは賛成です



妻が手塩をかけて育てた愛娘

産まれてずっと一緒だったので

当たり前だけど

沢山の不安と寂しさが去来してるようです


いつも一緒で

ワイワイしたりケンカしたりの

仲良しの次女も当然

ずっと一緒だったわけで

自分の使える部屋が広くなると

喜びながらもやはり寂しそうで

ここ数日は仕事で疲れた中

離れ離れになる姉との時間を

目一杯満喫しようとしていました



「ママがいいなら」

と言ってオレとの結婚も認め

高校は編入で余分に行かなければならず

通信制だったこともあり

思うように知り合いもできないなか

いろいろなことにチャレンジしてきました


思春期真っ只中で

知らない方言や地域性

静岡と比べるとかなり不便な交通網の大分

イチからの人間関係の形成も

例えインターネットで

昔より連絡が取りやすい環境になった現代でも

オレが知るよりも遥かに大きなストレスと

苦労をかけたことでしょう





センター試験も失敗し

2次試験足切り確実な中で

ここならセンター試験関係ないやんと

一緒に見つけたのがまさかの近場の

今回卒業する県立芸術短大


もともと絵を描くのが好きで上手な長女

そこには長女の行きたい学科もあり

受験したいと希望しました


当然ながら、美術系の実技試験もあり

試験までそれに向けた対策もしてない状況


高校の先生からは何とも言えない反応で

妻に至っては就職先が少ないということで

あまり乗り気ではありませんでした


長女の夢は漠然としかわからなかったけど

結婚による転校、オレの発病による

不自由な生活のせいで

長女の人生を大きく変えてしまったのは

間違いなくオレだったという負い目と

今からでもなんとかなるなら

頑張るべきだと背中を押しました


結果、補欠ながら入学ができ

入ってからも

彼女なりのただならぬ苦労が

たくさんあったでしょうが

頑張って専攻科に2年間余分に通い

大卒扱いになる資格まで得たり

なんちゃらコンテストを受賞したり

成績もトップクラスで卒業

自分の夢に近い分野への就職

本当によく頑張りました


それに加えてどんどん大人になり

人間的にも大きく成長しました




これからが人生本番だしね

いろんな経験を自分のチカラにして

適度に息抜きしながら

社会の荒波に揉まれ成長して欲しいです


短い間だったし

父親らしいことは何一つできてないので


立派な人間に育ててくれた妻に感謝 !


素直に成長してくれた長女に感謝!


いつでも帰ってこれるんだから

しっかり頑張ってこいよ