ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発の治療中であります。

DBd治療2サイクル目〜day11

昨日は外来でベルケイド注射の日でした


熱の状況

土日のオレの奮闘記を報告し

問題ナシとのことで

予定通り注射しました


そのあと会社に行き

パソコン土日のパソコンの報告

元々調子がわるく

買い換えようとしていたので

お叱りもナシ(ヨカッタ)


いろいろと話をして帰宅しました


そしたらなんと

先週とほぼ同じタイミングで

寒気がでてきて

発熱からの38℃台を連発


今回は幸い今朝6時の38℃を最後に

今のところ上がってないので

これも徐々に減っていくのかな…


こないだの金曜日に

担当の先生は今回は熱が出ないから

って言ってたけど

ダラザレックスを投薬して

その3日後のベルケイドの日には

必ず発熱してるんだよね…

製薬会社の人は

ダラザレックスの影響はない

って言ってるらしいけど


オレが病院内でDBd治療を

初めてする患者というのなら

もう少し、他所のデータではなく

目の前にいる

活きたデータを掘り下げて欲しいんだけど


こっちは安くない治療費を払い

今より良くなるかどうか

どうしたら少しでも長生きできるかって

真剣に考えてるのに


医大ともなれば

患者の声なんかより

製薬会社の声の方が

大事なんだろうね


妻も家族も

会社の人たちも

心配してくれてるのに

イマイチ前向きになれないな…