ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発治療をしております。

眠れない夜の日記〜情けないカラダのオトコ

痛みって

十人十色というか千差万別というか

本当に人それぞれだとおもう


これはカラダの痛みの話


今年に入って

本当にあちこちが痛い

前からあった痛みもあるけど

最近は少し増えてきた気がする


この約5年間、痛いときは

その度に訴えてきたけど

痛いところは話せばわかるけど

どう痛いかというのは

例えば自分が発する


“ジンジンする痛み”


でも、どうジンジンなのか

どれくらいの時間ジンジンなのか

そのジンジンがどう悪影響があるのか


一通り訴えても

同情はしてくれても理解はしてくれない

というか、自分ではないから

理解なんてできるはずはないんだよね


その中で患者と接する先生方は

ホントに凄いと思ってしまう


最近いわゆる“麻薬”的な薬が増えてきた

クセにならないとはいわれても

コレ無しでは生きていけなくなったら

なんだか怖いなぁと思い

極力避けてきた


オキシコンチンという痛み止めと

オキノームという頓服の痛み止め


オキシコンチンは12時間おきなんだけど

最近、こっちの効き目があまり無い気がする

だいたい6時間が限界か


だから会社にいっても

デスクワークの時はその時間帯になったとき

かなり辛いものがあるので

極力、痛みを忘れるために動く作業を

入れたりしてる


そして、どうしてもという時に

オキノーム発動


確かに効き目は早く痛みはなくなるけど

痛みの発信源の周辺が変な感覚になる


そして4時間と言われてる効果が

2時間くらいでなくなってしまう


顔をしかめたり

思わず痛いっていうことはないけど

地味に断続的に襲ってくる

このなんとも言えない痛さを

本当にどうにかしたい

病気の数値よりも痛みの除去が

今の優先的な治療な感じです


毎朝、毎昼、毎晩

カラダのどこかしらからくる痛み

自分自身も麻痺してる感覚もある


妻も約2年ほど前に交通事故で

事故の話は解決したけど

痛みは一生残るみたい


自分は今は幸い両脚と骨盤の痛みだけだけど

妻は首や腰で

かなり痺れがひどいみたい

首からくる痺れで

手にチカラが入らないみたいなのに


腰の骨がスカスカでペラペラで

階段一段からでもとび下りたらだめと言われてる

オレを気遣って

重い物は妻か次女が持ってくれる

情けないなぁ〜なんて思うのです


それでも毎日現場仕事で疲れてる次女は

文句の一つこぼさず協力してくれます


本当にいい家族の仲間に加えてもらい

感謝感謝の夜なのでした


そんな妻のブログ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://kkkh1225.muragon.com/