ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発の治療中であります。

フリーライトチェーンの変遷⑤

担当がY先生に戻り2、3回目


2016年12月21日

κ値 24.8 【基準値:3.3〜19.4】

λ値 12.8 【基準値:5.7〜26.3】

κ/λ比 1.94 【基準値:0.26〜1.65】


早くも再々発の兆し

というより、確かこの時点で

年明けから治療再開という話になりました


そして


2017年1月25日

κ値 194.0 【基準値:3.3〜19.4】

λ値 11.4 【基準値:5.7〜26.3】

κ/λ比 17.2 【基準値:0.26〜1.65】


もはや疑いようのない数値でしたが

膝や腰の骨が病気に侵されてる部分が

寒い時期と相まって痛い日も多く


“またか…”

というショックよりは

“やっぱりねー”

という気持ちが強かったです


治らない・再発することは十分理解していたので


ということで前回同様

ベルケイド

エンドキサン

レナデックス

の投薬ということと


今回は数値が下がっても

少し長めに投薬してみるので

1年はかかると考えて欲しいと説明されました


2017年3月17日

κ値 169.0 【基準値:3.3〜19.4】

λ値 8.4 【基準値:5.7〜26.3】

κ/λ比 20.12【基準値:0.26〜1.65】


2017年5月26日

κ値 61.2 【基準値:3.3〜19.4】

λ値 8.0 【基準値:5.7〜26.3】

κ/λ比 7.65【基準値:0.26〜1.65】


変な言い方ですが

薬さえ入れば確実に数値は改善してしまい

3月と5月の数値なんて

約3分の1になっていますが

体感としてはそこまで変わらないし

以前と大きく変わった副作用もありませんでした


ただ、この1か月後くらいに

簿記の試験を受けた際

隣の席の人がマスクもせずに

咳を撒き散らしており

自分はマスクをしていたにもかかわらず

何かを移され発熱し寝込んでしまいました


結果試験は落ちるし会社は一週間休むしで

踏んだり蹴ったりな夏の訪れでした


この頃、やっぱり自分のカラダは

弱っていってるんだなぁと

改めて痛感した記憶があります


2017年8月4日

κ値 37.9 【基準値:3.3〜19.4】

λ値 9.2 【基準値:5.7〜26.3】

κ/λ比 4.12 【基準値:0.26〜1.65】


さらなる改善がみられましたが

この後お盆前くらいに

また熱を出し寝込みました

この時は指で測る酸素が89くらいで

即入院レベルだったのですが

夏休みの病棟はとても賑やかで

絶対にストレスフルになるのが目に見えてたので

ワガママを言って自宅療養にしてもらいました


またまた妻に苦労をかけてしまいましたが…


自分はどうやら腸が弱いというのもあり

この時の治療の腸への負担が

徐々に現れていたらしく

別の薬に方針転換するということになりました


一般的にそれまでの薬飲んでの組み合わせは

カラダへの負担が大きく

血液内科の別の先生が言うには

よくぞここまで続けられた

という話だったみたいなことを

妻が言ってました


この時点では

他の薬を使う治療の経験はなかったのと

次の薬は

“おばあちゃんでも無理なく飲んでる薬”

みたいな話を聞いたので

じゃあ少しはラクなんだろうなぁと

楽観視してました


ところがどっこいになるなんて

考えもせずに(苦笑)


あと少し続きます