ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発の治療中であります。

眠れない夜の日記〜十分な箱はある

なんだか今週末は

いつもより骨が痛く

オキノームを飲もうか迷ってる夜です


さて、大分では昨日の昼間

ラグビー日本とイタリアの代表の試合がありました

結果はニュースで報じられた通り

テストマッチだったとはいえ

まさかのダブルスコア


カーワンジャパンで

なんとなく大きな足踏みをした気がしましたが

エディさん時代の前回大会を皮切りに

サンウルブズでの過酷な連戦で

世界の舞台で闘うことが普通になって

隔世の感がします


梅宮辰夫と和田アキ子が夫婦役をしていた

スクールウォーズの頃はまだ小学生

年配の方はそこが入り口というのは

嫌なんだろうけど

自分ら世代のラグビーは

やはりあのドラマではないかと思います


TVを見ててもルールや競技用語の意味を

わかりやすく字幕や言葉で説明し

間口を広げようという努力が伝わります

そしてとどめは



4年に一度じゃない。一生に一度だ。



という手も足も出ないキャッチコピー



来年、ラグビーW杯が大分で開催されます

それも、なんとも贅沢な国々がやってきます

言葉は悪いけど

こんな僻地に…


日本代表の試合はまたの機会があっても

W杯のグループリーグで

サッカーで言えば

ブラジル、ドイツ、オランダ

アルゼンチン、スペインあたりが

一つのグループリーグであるみたいなもの


体調からして見には行けないだろうけど

近くであるだけでテンションMAXです


ただ、アタマ硬いと言われるだろうけど

自分は

ブレイブブロッサムズ

より

桜のジャージ

の方がなんとなく武骨でだったんだけど

まぁ大人の事情と現代の流れということで




サッカーのW杯の時は

自分は県外に住んでたので

当時の状況は知らないんだけど

どうだったのかな?


やっぱり盛り上がったんだろうなぁ


そう、大分には

サッカーもラグビーもW杯レベルの試合ができる

大きな会場があるということを

改めて知りました




話は変わりますが

大分にはかつてJリーグカップを優勝した

大分トリニータというチームがあります

かつての日本代表だった選手が

ここから割と巣立ってます


なのに…


今日の大分ドームの観客の埋まり様を見て

ちょっとだけ悲しかった


今日の観衆26,000人の半分でも約13,000人


毎試合これくらい来場があれば

大分のサッカー事情も

盛り上がるだろうなぁと思いました


大分ドームで開催されてるリーグ戦の日に

会場近くを通ると

かつて住んでいた広島にある

サンフレッチェ広島のホーム戦の日と比べて

かなり寂しいものがあります

そもそもの人口格差はあるにせよ

交通アクセスは下手したら

大分ドームの方がいいと思います


育成型クラブといえば

聞こえはいいけど

それは、毎年選手を引き抜かれつつも

ある程度結果を残してから言える話


果たしてチームが強くなって周りが動くのか?

周りが動いてチームが強くなるのか?


なでしこジャパンの宮間選手ではないけど

大分のサッカー事情は

ブームから文化に

とまで、発展してないような気がします

もっともっと盛り上げて欲しいけど

誰が何をしたら

今よりよくなるんだろう…?

せっかくJ2上位で頑張ってるのに

もったいない







と、ここまで書いてて

申し訳ないですが

自分は浦和レッズのファンです(苦笑)


Jリーグの黎明期のお荷物と言われた頃から

ずっと応援してます

今日はJリーグカップの敗戦が決まり

とても悲しい夜です


でも、それはそれ

やっぱり地元にプロスポーツチームがあるって

素晴らしいことだと思うし

今は低迷している浦和レッズ同様

早くまたJ1に上がって

新しい栄光を刻んで欲しいです



いろいろと偉そうに講釈を垂れました

あまりこんなこと書かないようにしようと

気をつけてたんですが

今日のラグビーをみて

思わず書いてしまいました



あ、そういえば、来年のラグビーの前に

もうすぐサッカーのW杯があるんだ(笑)




カラダ痛いので

オキノーム飲んで寝ます