ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発の治療中であります。

DBd治療〜6サイクル目day8

金曜日は外来でした


当日のメニューは

めまいが激しかったことから

耳鼻科

前回からの結果検証として

麻酔科

そしていつもの外来化学療法

の順番でした


耳鼻科がとても混雑していて

先に麻酔科へ

前回からの経過のなかで

めまいが車の運転に支障があり

じっとしていてもフラフラすることを伝え

痺れることよりも

そっちの方が自分にとって

大変だということを伝え

リリカをカットするという話に

痛みについては改善傾向にある感触だったので

薬の変更ナシになりました


その後耳鼻科では

聴力や他の検査をする予定でしたが

じっとしていると

痛みで座って待つことに耐え難く

もう、別の機会にと言いかけたところで

検査開始


聴力検査の部屋に入ったはいいけど

室内の気圧が合わなかったのか

音の出るヘッドホンで

気分が悪くなり

それに輪をかけて

検査する人の感じがイライラを増幅させ

どうでもいいやと思い

適当に聞こえた時のボタンを押したがために

結果は10代並みの聴力に(苦笑)


その後、

内耳や鼻から喉にかけてチューブを通したところ

三半規管や神経的な障害は

見受けられないと言われたので

とりあえず一安心


その後、ケモ室に移動し

N先生と面談


5月30日のフリーライトチェーンは

κ値(前回)205.5(160.0)

λ値(同) 3.2(3.1)

κ/λ比(同) 64.06(51.61)


と上昇が止まらず

前回示唆された通り

また1サイクル目からと同じ回数の

ダザラレックスを投与することになりました

先週の投薬を一回目として

今回が二回目

来週三回目として1セットで

これを3セットする予定だとのことです

イチからやり直しです


体調からして

良くなってるわけがないと思っていたし

どうやら自分には今のところ

この方法しかないという感じなので

言われるがままにやるしかないです


入院して始めたこの治療は

いろいろな副作用があって

まったくスケジュール通りに進まなかったので

今回はすんなりいけばいいんだろうけど

それはつまり9週間ぶっ続けで

ダザラレックスが入るってことでもあるから

果たしてカラダがもつのだろうか

なんてふと考えたりもしてます

考えても仕方ないんだろうけど




帰ってから今に至るまで

骨盤と膝がやたら痛く

珍しくオキノームを2回も飲みました


痛い箇所を押さえると

ピンポイントで病気のある箇所と一致してて

究極に押さえて痛みを散らすか

イライラしながら我慢するか

薬に頼るかという状況は

とてももどかしいですが


今に始まったことではないし

数値が上がってるとはいえ

今日、明日の命ではないだろうし

とにかく慣れていくしかない


夏に痛いという覚えがあまりないので

もしかして、暑くなったら

少しは痛みは和らぐのかな?

なんて淡い希望を抱きつつ

日本にしかないと言われる梅雨を

ぼちぼちすごそうと思ってます