ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発治療をしております。

眠れない夜の日記〜にわかという自覚はありません

そういえば

金曜日の治療はベルケイド注射はなく

そのおかげなのか

今回はいつもよりも痺れやむくみが

少なく感じております


昼間は久しぶりに妻と買い物に出かけ

そこまで疲れることもなく

あとはさっきオキノームを飲むくらいで

投薬翌日の眠れない夜を過ごしてます


やっぱり

あのだるさはベルケイドの影響だったのかな?

ともかく妻も安心してくれてたようで良かった


そんな中始まったサッカーW杯

各予選グループの第1試合目が順次始まりました


やっぱりついつい見てしまうというか

TV放送の時間帯に合わせるように

過ごす自分が笑えます


前回の大会は

移植をしてようやく会社に戻ったころで

ようやく土日の外出も出来始めたころで

次のW杯まで生きれてたらいいなぁ

なんて不安に思ってました


適切な表現ではないかもしれないけど

最近の痛みやモヤモヤは

妻や家族会社の人達の協力の中

味わえているのだろうから

ツベコベ考えずに

とにかく今を一生懸命に生きて

次の大会も見ようと思います




一生懸命といえば

アルゼンチンvsアイスランド

モロッコvsイラン

この二試合にとても感動しました


前者の試合は大国vs小国

後者はグループの他のチームが強大すぎるゆえの

アンダードッグ的チーム同士の消化試合

なんていうのが大方の見方


自分、へそ曲がりなんで

こういう試合の方が

肩に力がはいります

自分の好きなW杯は

いつも予選グループの敗退濃厚な国の試合

みんな色々なところにプライドを持って

一生懸命闘ってる


言い方悪いけど

海外の方に“根性"とかいうコトバが

なかなかしっくりこないのに

夏の高校野球ばりの熱意が

この大会には溢れ返ってます

それはやはり

母国代表というプライドもあるのでしょう

そのプライドは予想リーグの第1試合目が

一番顕著にでるタイミングだと思います


強豪国の試合なんて

いつでも見れたり

勝とうと思えばいつでも勝てるし

みたいなスタンスが垣間見えるから

いっそ足元すくってしまえ!

なんて思ってます


先に挙げたアルゼンチン以外の国なんて

今の日本がやったら勝てないんじゃない?

とか思ってしまいました


頑張ってない選手なんて

絶対にいないことは知ってます


でも、前回といい、今回といい

最近の日本代表は

何となく鬼気迫るものが

あまり感じられない

そこにとても寂しさを感じます


それは自分自身がどこか期待しているとうこと

今度のW杯まで元気でいたいけど

その保証はどこにもなくて

だから今こそ勝って欲しいと

思ってしまうんだろうな


どっちかというと

今回の日本もアンダードッグ的立場だと思う

大会直前のゴタゴタも

イメージ悪すぎたというか

日本人にはかなりの大きな出来事


それが結果に結びつくように

熱い気持ちと根性で

自分たちの試合をやってほしいな