ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発の治療中であります。

自家移植

なんだかんだで

長い月日が経っているけど

どの辺の治療が大変だったかなぁと

振り返ってみると


自家移植の時が一番しんどかった気がします


自家移植とは

簡単に言うと、自分の骨髄を

いい状態にもっていって

後日自分に戻すという

ほとんどの人はコレを2回するそうです



なんてことないだろう

と思っていましたが

自分の細胞で

こんなにしんどい思いをするとは…

って感じです



嫌だったことを箇条書きしてみます

⑴自分の骨髄が生臭い

⑵口内炎予防に使った口いっぱいの氷

⑶腸炎の併発

⑷腸炎による腹痛と下痢

⑸腸炎の検査の為の便の検査


トイレのたびに

手洗いやうがいをすることとかは

まったく苦になりませんでした

ただ、1日に20回を超える便と

その便を検査とはいえ他人に見せるというのは

本当に精神的に参りました…



⑴〜⑸の苦しみで

当時は妻や担当の先生、看護師さん

誰それ構わず当たり散らしていたと思います


申し訳なかった…







どんな病気でも

お医者さん方は

患者と同じ病気にはなってない人がほとんどで

今までの患者さんからの聞いた話や

先生方がしてきた研究の蓄積で

まるで自分が経験したかのように

いろいろ話をサラッとしてくれるけど


患者自身にとっては

そんな簡単に理解できるの?

ってこともあるわけです


特に、病変からくる痛みなんてのは

同じ病気でも

千差万別ではないかと


患者の立場になってといっても

同じ病気になってない限り

同じ病気だとしても

それは無理と思うんですが…


なんでだろう…


先生方が同調してくれると

なぜだか安心してしまうという


当たり前ですが、それだけ

精神的にも参っているのでしょう


それを上手くいなしてくれていた

担当の先生たち、看護師さん

そして、妻たるや

素晴らしい人だと感じるわけです





病人というのもゲンキンだなぁ…