ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発治療をしております。

骨髄移植について

自分の治療は

自家移植→同種移植

という流れで行うことになりました


後で記載しますが

自家移植とは自分の良い状態の骨髄を採取して

それを自分にもどす


同種移植とは

いわゆる骨髄移植みたいです


この、同種移植

普通は両親や、きょうだいから

骨髄を提供してもらうのが普通のようですが

自分の場合、両親が高齢

唯一の妹はすい臓を悪くしており

ドナーさんの提供をうけることになりました


同種移植を受けるにあたって

関係者から聞いたフレーズは

【想像を絶するしんどさ】

というコトバでした


本当にしんどいよ、大丈夫⁉︎

と…

軽い気持ちで臨んではダメだと

言いたかったのでしょう



思ったコトは

①じゃあするなってこと?

②想像せないいやん

の二種類でした


この自家移植→同種移植の流れは

自家移植の前に決めないといけなかった気がします


自家移植を2回すれば3〜5年

同種移植を受けると10年くらい

寿命が延びる可能性があり

当時36歳だった自分の

残り3〜5年と10年と考えると

同種移植をした方がいいと思う

という前述した担当医のコトバも

後押しになりました


そして

それをしなければどうしようもないんだから

という割とあっさりした考えもありました



結婚したばかりだし

何も妻や娘たちにも

してあげれてなかったので


先生には伝えました


移植が出来たとしても

100%のカラダに戻るとは

思ってません

ただ、70%くらいまでは

回復したいです



白血病とは違って

完治というコトバがない病気


何が失敗で何が成功なんて

わからないのですから

軽い考えかもしれませんが

やれることはやってみよう

という感覚でした