ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発治療をしております。

フリーライトチェーンの変遷②

前回の記事のあとだったと思いますが

カンファレンスがあり

移植をすることにしました


なんて簡単に書いてますが

実際、自分の中では

結局コレしかないと考えての判断であり

その決断がどれほどの事かまで

今も理解しきれてないと思います


ただ、結果的には

間違ってなかったと思ってます


抹消血幹細胞採取を行い

年が明け

通院治療をしながら自家移植前


2013年3月15日

κ値 6.7 【基準値:3.3〜19.4】

λ値 7.1 【基準値:5.7〜26.3】

κ/λ比 0.94 【基準値:0.26〜1.65】

ようやく基準値内に


そして4月から自家移植の為の入院

何回か書いてますが

コレが自分史上最高に辛かった…


幸いにもドナーさんに恵まれて

7月に同種移植を実行

大したGVHDもなく退院した後の


2013年10月8日

κ値 14.5 【基準値:3.3〜19.4】

λ値 13.8 【基準値:5.7〜26.3】

κ/λ比 1.05 【基準値:0.26〜1.65】


免疫抑制剤を投与してたので

半年ほど社会復帰に向けた自宅療養


年が明け会社へも復活し

2014年は何とか無事に過ごせました


2015年になり

最低限の生活はできていました


ただ、今でもそうですが

腰と、足の付け根の骨は

いわゆる麩菓子みたいな状態なので

重い物は持てないし

走ったりできず

もどかしいんですが

これは贅沢なことなのも理解してるつもりです


異変はこの年の秋口に起こりました


次回へ