ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発治療をしております。

DBd治療〜4サイクル目day11

昨日もベルケイド注射の日で

4サイクル目の最後外来でした


金曜日の夜は流石に疲れが溜まってて

土曜日の13時前まで寝てしまい

その後、妻と買い物に行きましたが

あちこち痛くて満足な買い物が出来ず

自宅に帰っても資格の勉強もできず

イライラしながら痛みと闘う夜


日曜日は昼に会社の上司の家族の葬儀に参列し

自宅に帰ってもしんどかったけど

今寝たら夜に眠れなくなるのが怖いので

ウトウト、ダラダラしながら

無理矢理に資格の勉強

まぁ、本番にこの状況になるかも知れないし

こういう訓練もしとかないとと思ったのでした


月曜日は何とか病院に行き

採血後、ゆっくり待ってたら

水曜日受診予定の整形外科のI先生と遭遇


最近の痛みの状態を話したら

その場でレントゲン入れときますから

と言ってくださり

その日にレントゲンを予約してくれてるという

捌ける対応をしていただきました


ケモ室に行って

金曜日からの状況報告と

ベルケイド注射

N先生の注射は打つときの見た目に反して

全く痛みがなくて注射の場所も赤くもならない

皮下注射だから、普通多少の痛みがあるんだけど

そういえば、点滴の時も痛く無かったな…

真面目でおとなしいタイプの方なので

それが注射にも表れてます


その後レントゲンを撮って

午後からは会社に行き

インフルエンザで休んでた人との仕事の遅れを

追いつかせる計画を立てて

その分を中心にこなしていく


なんだか疲れ果てて帰宅して

それを見て心配してくれる妻に対して

逆ギレしてしまいました…


確かにしんどいですが

他の患者さんと比べると

自分なんて全然ラクなんだから

という気持ちで少し無理をしていることが

妻から見ると少しどころではないし

明らかに会社でのストレスが

疲れを増幅させていると見ているようです


ただ大事なのは妻がオレの細かい変化を

常に注視してくれての心配なのに

その忠告を無下してしまい

感情に走って妻を悲しませてしまいました

本当に申し訳ない…


結局、何もするパワーもなく

22時には就寝


就寝直前の熱が37.2℃だったので

トイレに起きた

1時30分ごろと4時ごろに

測ってみるとともに37.0℃

6時30分に起床した時は37.2℃

おそらくベルケイドの副作用の可能性で

その熱予防のためにもらってた

レナデックスを一錠飲んで会社へ


蒸し暑いの熱っぽいのが相まったけど

昼間2回測った熱は36℃台で推移

途中、パソコンのトラブルが

また発生したけれど

これまで散々苦しめられてきたので

割とスムーズに対応できてました(笑)


レナデックスを飲むと

カラダの疲れに反して精神的には

良い意味でも悪い意味でも元気になるので

コレが少し困ったことなんだけど

とにかく1日を妻に迷惑かけずに過ごせて

ホッとしました


明日、整形外科を受診したら

GWが開けた5月11日まで

受診はないけど

その間に緊急で病院に行くようなことが無いように

風邪とか引かないように

用心して過ごしたいです