ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発治療をしております。

かすみ草

今日は妻の誕生日


知り合った当時自分は岡山に住んでました

その後佐世保→宮崎→広島

と1年半の間にバタバタ転勤してたのですが


お付き合いをはじめたのは

広島にいた頃から


当時どうしようもないダメ人間だった自分を

“歩く道徳”

の妻が公正してくれました


多感な時期のふたりの娘も

思うところはあったでしょうが

ついてきてくれました


彼女たちがいわゆる

“いい子”

と周囲の方々から言われるのも

妻が手塩にかけて育ててきたからです


最近は次女が仕事とかで褒められると

“お父さん、お母さんのおかげです”

と言うらしく

『今まではワタシが絶対で一番だったのに…』

と嘆いていますが(苦笑)


今まで何回か記事にしてますが

自分たち夫婦の

結婚生活は病歴と同じです


嫌な顔をせず

いつも一緒にいてくれてます


人として

親として

夫として

自分を成長させてくれています


正直、まともに妻に返せるものはありません


できる事といえば

今以上に病気が酷くならないようにすること


いつまでこの命が続くかわからないけど

妻がいなければ

妻の笑顔がなければ

とっくにこの世にはいないでしょう


毎年、誕生日前後になると

年齢相応の女子になると

無邪気に話しては

一向に実現しないスパイラルで

今年は遂にあきらめたのか

そういうことをほとんど言わないまま

今日に至りました(笑)


まぁ、自分の体調だったり

仕事で忙しくしてたりというのもあるのでしょう


どんな妻であっても

自分は妻が大好きです


“いい歳して…”


なんて言われるでしょうが

それはこれからも変わらないでしょう


ちなみにタイトルは

ふたりを結ぶきっかけとなった花です


本当に今までありがとう

これからをありがとう

今のアナタのまま年齢を重ねてね


愛してるよ