ken-ken-kenのブログ

多発性骨髄腫の再々発の治療中であります。

それぞれにそれなりに

この病気に関する

いくつかのブログを見ました


みんな何かしらの苦悩を抱えながら

闘病したり、看病したりで

自分なんかは

本当に色んな意味で恵まれているんだと

しみじみ思うわけです


この病気に限らずですが

やはり、期間を要する病気になったとき

いちばん大変なのは周囲の協力者です


現にワタシの妻も私の看病を始めて

さまざまな病気を発症してます


それでも

オレの方が大変だからと健気に振舞う姿に

本当にアタマが下がる思いですし

なんでオレはもっと妻のこと考えて

優しく接することができないんだろう

と思う今日この頃です


病気になって、闘病している以上

本人や家族にとって

ラクな病気なんて一つもないと思います


でも、それに気圧されないよう

ある意味気楽に生活しないと

カラダの前にココロが病んでしまいます


ありきたりながら

上手く付き合っていくしかないんだなと

改めて感じました